作成者: kayokomisaki

Professor of Economics, Historian of Economic Thought

国際ワルラス学会 AIW 2019 Lausanne での報告を終えて

 2019年9月13-14日にスイスのローザンヌ大学で開催された、第10回国際ワルラス学会 (The 10th Conference of the International Walras Association ) への参加を終えて、帰国しました。(プログラムはこちら

 ローザンヌ大学のキャンパスは、郊外のレマン湖のほとりにあります。環境保護のため、キャンパス内には羊が放牧されていて、のどかな雰囲気です。

学会が行われたChâteau de Dorignyは、19世紀に、この土地を所有していた一族が建てた風情のある館です。

学会のテーマは、「ワルラスは新古典派か?」 « Walras—Neoclassical? » On Walrasian Historiographyでした。私は日本で初めてワルラスの翻訳を出版した経済学者、早川三代治の思想について報告をしました。

“Was Miyoji HAYAKAWA (1895–1962), the first Japanese translator of Walras, a neoclassical economist? “. (内容の一部をResearch Gate で公開しています)

 ワルラスやパレートがローザンヌ大学(旧ローザンヌ・アカデミー)で教えていたころ、校舎は、ローザンヌ旧市街にありました。1909年にワルラスの経済学者生活50周年記念祭(Jubilé) が行われたリュミーヌ宮(Palais de Rumine)は、現在、博物館と美術館になっていて、豪華な内部を、自由に見学することができます。リュミーヌ宮の横には、ワルラスをローザンヌに招いたスイスの政治家Louis Ruchonnet(1834-1893)の銅像があります。50周年記念祭で、ワルラスはこの政治家にちなんで「リュショネと科学的社会主義」という記念講演を行いました。

 またその記念祭の際に作られたワルラスのメダルは、旧ローザンヌ・アカデミー(Ancienne Académie de Lausanne)にあります。このメダルには、「レオン・ワルラスに。1834年エヴルーに生まれる。ローザンヌ大学教授。経済均衡の一般的条件を最初に確立し、それゆえ『ローザンヌ学派』の創設者となった。50年にわたる無私の研究をたたえて。」という碑文が添えられています。

 旧アカデミーは、16世紀に建てられた美しい建物ですが、現在は中学校の校舎として使われています。今回は、訪問したのが日曜日だったため、残念ながら中に入れずメダルの撮影はできませんでした。

 国際ワルラス学会の第1回目が開催されたのは1999年のパリで、今回は記念すべき10回目でした。名誉なことに私は、ローザンヌ大学ワルラス=パレート研究所長のBaranzini教授と共に、次期の副会長に選ばれました。実は、9月14日は私の誕生日で、ダブルで皆さんにお祝いしてもらい、とてもうれしかったです。

 本学会も世代交代が進み、多くの若い研究者の皆さんに参加してもらうために、いかに魅力的な学会に改革してゆくのかが、今後の課題です。次回の学会は日本で開催する可能性が高いです。日本の多くの研究者の皆さんが参加されることを祈っています。

貴重書展示 18世紀 英仏の財政危機

 滋賀大学附属図書館の貴重書展示コーナーの展示替えを行いました。2019年秋の展示は、18世紀にイギリスとフランスで出版された財政赤字をめぐる文献です。 1.ゴードン著『1688年から1751年にわたるイギリスの国債と租税の歴史』(1751-53)、2.ミラボー著『租税の理論』(1760)、3.コクロー著『テレー総監の下における財務行政についての覚書』(1776)の三点を展示しています。

 特に、1のゴードンの著書には、税収等の詳細な統計データが添付されています。18世紀の統計資料がどのようなものだったか、興味のある方は是非ご覧になってください。

以下が私の説明文の抜粋です。

16世紀以来、重商主義政策によって繁栄したヨーロッパの絶対主義国家は、激しい植民地戦争により軍事支出が増大し、深刻な財政赤字に直面することになった。 18世紀の半ばにイギリスで出版された、歴史家ゴードンの著作『1688年から1751年にわたるイギリスの国債と租税の歴史』(1751-53)は、豊富な統計データに基づき、均衡財政の重要性を説く書物である。この本はアダム・スミスの蔵書に含まれ、資金調達のための長期国債の発行を厳しく批判する『国富論』の財政理論に影響を与えた可能性も指摘されている。 フランスの財政状態はイギリスよりもさらに深刻であった。ミラボー(Mirabeau, V. R.,le marquis de, 1715-1789)の『租税の理論』(1760)は、重農学派の最初の体系的書物であり、同学派の「土地単一税」の構想(当時の複雑な税制をすべて廃止し、土地のみに課税するという考え方)が示されている。 ルイ15世の統治下最後の財務総監をつとめたテレー(Terray, L’abbé Joseph Marie, 1715-1778)も、在任中の1769年から1774年より様々な租税改革を実施し、国庫収入の増加に貢献したが、根本的な解決にはならなかった。重農学派に影響を受けたチュルゴはテレーの後、財務総監に就任するが、1776年失脚。結局、フランスは財政の立て直しに失敗し、革命への道をたどる。

展示の様子は図書館のこちらのページをごらんください。

次回の展示替えは来年の3月を予定しています

ESHET 2019 Lille での報告を終えて

5月23日から25日まで、フランスのリールで開催された The European Society for the History of Economic Thought の年次大会(学会のサイトはこちら)での報告を終えて、帰国しました。

 学会が開かれたリール政治学院(Sciences Po Lille) は、フランスのエリート養成機関グランゼコールのひとつで、いろいろな点で格式の高さを感じました。歴史的な建築がモダンな要素と美しく融合した校舎でした。

私はこの大会の一日目に、イスナールとワルラスに関する論文 ”Numéraire, Workers, and the Tax system: Was Isnard a precursor of Walras?”を発表しました。(詳しい内容についてはこちらの記事)。この論文の内容に最も関係する、 Richard Van den Berg氏ご本人にもセッションに来ていただき、有益なコメントがもらえました。また大会三日目には、 Amos Witztum 教授( London School of Economics)の論文 Equilibrium: Coordination of what? Smith, Walras and Modern Economics の討論者も務めました。

 3日間の学会スケジュールはいろいろな行事が盛り込まれ、とてもハードでしたが、フランスが会場だったこともあり、食事がとてもおいしかったです。ランチもきちんと一人ずつサーブしてもらい、立食形式ではなくテーブルに座ってゆっくりと食べられました。前菜からデザートまで大満足でした。

 ホテルから学会会場まで、毎日20分程度歩いて通いました。日が長いので夜の9時を過ぎても明るかったです。ただリールの旧市街は迷路のようになっていて、毎日どこかで迷子になりました(笑)。

 今回のフランス出張の最大の収穫は、実に数多くの研究者たちと交流ができ、影響を受けることができたことです。これを糧に、また次の研究プロジェクトに取り掛かりたいと思います。

ESHET 2019 Lille大会で報告します

 5月23日から25日まで、フランスのリールで、ヨーロッパ経済思想史学会( The European Society for the History of Economic Thought )の年次大会が開かれます(学会のサイトはこちら)。私はこの大会で、イスナールとワルラスに関する論文 ”Numéraire, Workers, and the Tax system: Was Isnard a precursor of Walras?”を発表することになりました (論文サイトはこちら) 。

フランスの経済学者イスナールの著書『富論』 (1781) の中には、交換方程式や価値尺度財などが登場することから、イスナールはワルラス一般均衡理論の先駆者のひとりとであると考えられてきました。実際、ワルラスはジェヴォンズと共に数理経済学の先駆者リストを作成したときに、『富論』を加えています。しかしながら、ワルラスが実際に自らの著作の中でイスナールに言及することはなく、どのような影響を受けたのかは謎のままです。 2006年に Van den Berg は、イスナールについての体系的研究書、At the origins of Mathematical Economics: The Economics of A.N. Isnard (1748-1803)を公刊し、イスナールの方程式の意図がフィジオクラートの土地単一税批判にあったことを明確に示しました (この本についての私の書評はこちら) 。 私は、この解釈に刺激をうけて、ワルラスがフィジオクラートの土地単一税を自らの土地国有化論と関連付けて、高く評価していたことに注目するようになりました。ワルラスとイスナールは、一般均衡理論のツールを共有しながら、なぜ経済政策については正反対の結論に至ったのか、それを明らかにするのが私の論文の目的です。

 実はこの論文の最初のバージョンは、2009年にローザンヌ大学のセミナーで報告しましたが、英語論文として完成するには至らず、そのままになっていました。しかし2016年に公刊された Handbook on the History of Economic Analysis Volume III by Gilbert Faccarello, and Heinz D. Kurz の「一般均衡理論」のセクションで、私のローザンヌでの報告が引用されているのを知り、 論文を完成させ発表をする決意をしました。

先週、論文を学会のサイトにアップロードすると早速、関連分野の研究者たちからコンタクトがありました。学会では有益な議論ができることを期待しています。2年ぶりにフランスを訪れるのもとても楽しみです。

貴重書展示 ロックとモンテスキュー

 滋賀大学附属図書館の貴重書展示コーナーの展示替えを行いました。2019年春の展示は、ジョン・ロック『著作集』(第6版 1759)と モンテスキュー『法の精神』(アメリカ版初版1802)です。二人の名は、新入生の皆さんにもおなじみでしょう。ぜひ足を運んで、貴重書の迫力を感じてみてください。

ロックの『著作集』は2014年春にも展示しましたが、モンテスキュー『法の精神』の展示は今回が初めてです。19世紀初頭にアメリカで公刊されたものですが、同時代に活躍した下院議員の蔵書だったことがわかりました。

以下、私の解説文の抜粋です。

フランスのボルドー出身のモンテスキュー(Charles-Louis de Secondat, Baron de La Brède et de Montesquieu, 1689-1755)は、1748年に匿名で『法の精神(L’Esprit des lois)』出版した。これは出版後、大反響をよび1750年までに22版を重ねたが、宗教界からは批判をうけ、1751年にはローマ教皇庁の禁書目録に入った。 現代の教科書では、『法の精神』は三権分立を説いた近代政治学の古典として紹介される。しかし本書の意義は、それだけにとどまらない。タイトルが示すように、本書の目的は「法則」・「法」について論じることである。観察を出発点とするモンテスキューの方法は、実証科学としての社会科学の誕生を意味しており、本書はそういう意味においても、近代の幕開けを告げる革命的な書物なのである。 本図書館は、1802年に公刊された『法の精神』のアメリカ版初版を所蔵している。これは、アメリカのサウス・カロライナ州選出の下院議員Eldred Simkins(1779-1831)が、在任中の1820年に購入したものと思われる。 今回は、モンテスキューと同様、近代政治哲学の礎を築いたジョン・ロック(John Locke,1632-1704)の『著作集』(第6版1759年)を同時に展示する。

 次回の展示替えは9月を予定しています。

 

ASSA 2019 Atlanta ワルラス・セッションで討論者をつとめる

2019年最初の研究活動です。1月4日から6日まで、アメリカ経済学会(American Economic Association) の年次大会 ASSA 2019 アトランタ大会に参加しました。ワルラスに関するセッションで、Discussantを務めるためです。(大会ホームページはこちら

毎年新年に開かれるこの大会は、59の学会・団体が共同で実施し、全米のみならず世界中から多くの経済学者たちが参加する、とてつもない規模の会合です。今回は、アトランタ中心部の連結した3つのホテルが会場となりましたが、会場内を移動するだけで、毎日歩数が1万歩を超えてびっくりしました(笑)。

私が参加したセッションのタイトルは、”Pure Mind, Applied Vision, and Social Conscience: Revisiting the Economics of Léon Walras”です。(プログラムはこちら)セッションの報告者のうち、Guy Numa氏は新進気鋭の若手研究者ですが、それ以外の3人、 Franco Donzelli教授、 Alan Kirman教授、 Roger Guesnerie 教授は、それぞれこの分野の大御所ともいうべき人物で(Guesnerie 教授は、日本でもおなじみのトマ・ピケティ氏の指導教授としても有名です)いわばスターが一同に会する夢のようなセッションでした。ここに討論者として参加できたことは、大変名誉なことだと思っています。

(セッションの様子は、友人のRebecca Gomez Betancourt リヨン第2大学教授が撮影してくれました。彼女のTwitterにも同じ写真が投稿されています)

私は、このセッションの第2報告、 Franco Donzelli教授 の”Walras’s Theories of Exchange and Production Equilibrium in the 1870s and Beyond”という論文の討論者をつとめました。ワルラスの一般均衡理論の形成過程に新しい光を当てたとても面白い論文ですが、分量が69頁もあり内容も難解だったため、コメントを用意するのに時間がかかり、年末年始、全く休むことができませんでした(涙)。 しかしこのコメントは、苦労して用意した甲斐があり、 Donzelli教授を含め、参加者たちからは好評でした。実はこの論文は内容が難しすぎて、短い報告時間で聴衆に理解してもらうのはほとんど不可能だったため、私の解説コメントがみんなの役に立ったようなのでした。

アトランタ滞在中は、CNNセンターに隣接したホテルに泊まりました。18階の客室からオリンピック記念公園が一望できました。アトランタに滞在するのは実は今回が2回目ですが、日本から直接行ったのは初めてです。大阪からアトランタまで、乗り継ぎ時間を含めると片道20時間以上かかる長旅で、とても疲れました。日本に帰ってきて、ほっとしています。

Œconomia掲載 ワルラスの労働市場観に関する論文

2018年最後の研究業績の公刊です。「ワルラスの純粋・社会・応用経済学の労働市場観」という論文が、フランスの査読ジャーナル Œconomia誌の12月号に掲載されました。

Kayoko Misaki, « The Concept of Labor Market in Léon Walras’ Pure, Social, and Applied Economics », Œconomia, 8-4 | 2018, 419-438.

(電子ジャーナルはこちらです。論文の本文はこちらをクリックしてください)

ワルラスは労働組合の賃上げ闘争や最低賃金制度の導入などに生涯反対し、市場原理による賃金決定を擁護し続けました。このことから、ワルラスの労働市場観は新古典派的と考えるのがこれまでの常識でしたが、この論文はそのような解釈を覆すことを意図しています。ワルラスのプルードンやマルクスに対する批判もヒントに、教科書的な解釈では触れらないワルラスの真の意図を明らかにしました。

この論文は、2016年9月に参加した、ローザンヌ大学/ILOの賃金問題ワークショップでの発表が元になっています(記事はこちら)。ワークショップの後、このジャーナルから誘いを受けて、投稿したのですが、二人のレフェリーから非常に厳しい査読意見がつきました。書き直しに予想以上に苦労させられ、まるで院生時代に戻ったような気分でした(涙)。しかし結果として、内容が格段に良くなり、レフェリーにはとても感謝しています。