月別アーカイブ: 2019年5月

ESHET 2019 Lille での報告を終えて

5月23日から25日まで、フランスのリールで開催された The European Society for the History of Economic Thought の年次大会(学会のサイトはこちら)での報告を終えて、帰国しました。

 学会が開かれたリール政治学院(Sciences Po Lille) は、フランスのエリート養成機関グランゼコールのひとつで、いろいろな点で格式の高さを感じました。歴史的な建築がモダンな要素と美しく融合した校舎でした。

私はこの大会の一日目に、イスナールとワルラスに関する論文 ”Numéraire, Workers, and the Tax system: Was Isnard a precursor of Walras?”を発表しました。(詳しい内容についてはこちらの記事)。この論文の内容に最も関係する、 Richard Van den Berg氏ご本人にもセッションに来ていただき、有益なコメントがもらえました。また大会三日目には、 Amos Witztum 教授( London School of Economics)の論文 Equilibrium: Coordination of what? Smith, Walras and Modern Economics の討論者も務めました。

 3日間の学会スケジュールはいろいろな行事が盛り込まれ、とてもハードでしたが、フランスが会場だったこともあり、食事がとてもおいしかったです。ランチもきちんと一人ずつサーブしてもらい、立食形式ではなくテーブルに座ってゆっくりと食べられました。前菜からデザートまで大満足でした。

 ホテルから学会会場まで、毎日20分程度歩いて通いました。日が長いので夜の9時を過ぎても明るかったです。ただリールの旧市街は迷路のようになっていて、毎日どこかで迷子になりました(笑)。

 今回のフランス出張の最大の収穫は、実に数多くの研究者たちと交流ができ、影響を受けることができたことです。これを糧に、また次の研究プロジェクトに取り掛かりたいと思います。

ESHET 2019 Lille大会で報告します

 5月23日から25日まで、フランスのリールで、ヨーロッパ経済思想史学会( The European Society for the History of Economic Thought )の年次大会が開かれます(学会のサイトはこちら)。私はこの大会で、イスナールとワルラスに関する論文 ”Numéraire, Workers, and the Tax system: Was Isnard a precursor of Walras?”を発表することになりました (論文サイトはこちら) 。

フランスの経済学者イスナールの著書『富論』 (1781) の中には、交換方程式や価値尺度財などが登場することから、イスナールはワルラス一般均衡理論の先駆者のひとりとであると考えられてきました。実際、ワルラスはジェヴォンズと共に数理経済学の先駆者リストを作成したときに、『富論』を加えています。しかしながら、ワルラスが実際に自らの著作の中でイスナールに言及することはなく、どのような影響を受けたのかは謎のままです。 2006年に Van den Berg は、イスナールについての体系的研究書、At the origins of Mathematical Economics: The Economics of A.N. Isnard (1748-1803)を公刊し、イスナールの方程式の意図がフィジオクラートの土地単一税批判にあったことを明確に示しました (この本についての私の書評はこちら) 。 私は、この解釈に刺激をうけて、ワルラスがフィジオクラートの土地単一税を自らの土地国有化論と関連付けて、高く評価していたことに注目するようになりました。ワルラスとイスナールは、一般均衡理論のツールを共有しながら、なぜ経済政策については正反対の結論に至ったのか、それを明らかにするのが私の論文の目的です。

 実はこの論文の最初のバージョンは、2009年にローザンヌ大学のセミナーで報告しましたが、英語論文として完成するには至らず、そのままになっていました。しかし2016年に公刊された Handbook on the History of Economic Analysis Volume III by Gilbert Faccarello, and Heinz D. Kurz の「一般均衡理論」のセクションで、私のローザンヌでの報告が引用されているのを知り、 論文を完成させ発表をする決意をしました。

先週、論文を学会のサイトにアップロードすると早速、関連分野の研究者たちからコンタクトがありました。学会では有益な議論ができることを期待しています。2年ぶりにフランスを訪れるのもとても楽しみです。