University of Lausanne

ワルラスとイスナール

ESHET2017アントワープ大会で初めて会った研究者のひとりに、Richard van den Berg教授がいますvan den Berg教授は2006年にフランスの数理経済学者イスナール (1748-1803)についての研究書を公刊し、私は2007年にその書評を日本語で発表しました。「(書評) Richard van den Berg: At the Origins of Mathematical Economics: The Economics of A.N. Isnard (1748-1803), Routledge, 2006」『経済学史研究』49-1 (June, 2007)pp.192-193.

またこの著作に大いに刺激を受けて、私自身、ワルラスとイスナールとの関係についての研究に取り組みました。通説によれば、イスナールはワルラス一般均衡理論の先駆者であるということになっていますが、研究を進めるうちに問題はそれほど単純ではないことが分かってきました。通説を真っ向から批判する私の解釈は、  2009年の9月にローザンヌ大学ワルラス=パレート研究所で実施したセミナー“Walras and Isnard: Continuity and Discontinuity in the History of Economic Thought”で報告しました。しかしながらこの研究成果は、色々な事情で英語での公刊に至らず、日本語論文としてまとめたものを大学の紀要で発表するにとどまりました。「ワルラスとイスナール‐経済学史における連続と断絶」『滋賀大学経済学部研究年報』16, 2009, pp.101-112. 今回、これらのいきさつをすべてvan den Berg教授に、伝えることができました。

イスナール富論1781

ローザンヌ大学ワルラス文庫所蔵 イスナール『富論』1781

なお、日本語でしか公刊できなかった私のイスナール研究の成果は、最近、意外な形で日の目を見ることになりました。ローザンヌ大学での私のセミナーでの主張が、2016年に公刊された経済学史の教科書(3巻本)の「一般均衡理論」の章において、Alain Kirman教授によって、van den Berg教授の研究とともに紹介されています。Gilbert Faccarello,Heinz D. Kurz (eds.) Handbook on the History of Economic Analysis, Volume III, Developments in Major Fields of Economics, Edward Elgar Publishing. 2016

ローザンヌ大学・国際労働機関 ILO 共催のワークショップで論文発表

2016年9月29-30日にローザンヌ大学で開催されたワークショップ-The Wage Workshop, Theoretical, Empirical and Historical Perspective on Wage, Subsistence and Basic Incomeで、ワルラスの労働市場観に関する論文を発表しました。

img_20160929_085530.jpg

ワークショップが開かれたローザンヌ大学 Château de Dorigny

このワークショップの主なテーマは「最低賃金」でした。経済学史研究者だけでなく、理論経済学者、労働経済学者、ILOに所属するエコノミストたちが参加しており、それぞれの観点から、興味深い報告をしました。参加者の大部分とは初対面で、異なる専門分野の研究者たちと有意義な交流ができました。

報告した論文のタイトルは、「レオン・ワルラスの純粋・社会・応用経済学における労働市場の概念」Léon Walras’ Concept of Labor Market in his Pure, Social, and Applied Economicsです。この論文は来年、某ジャーナルに掲載される予定です。