France

資料紹介 Guizot’s letter (1833)

滋賀大学附属図書館が所蔵するフランソワ・ギゾーの書簡(1833年8月13日付)の紹介論文がこのたび公刊されました。

(資料紹介)御崎 加代子「滋賀大学図書館所蔵 François Guizot の自筆書簡(1833)について」『滋賀大学経済学部研究年報』25. 2018, pp.123-126.

この書簡を現在、図書館の貴重書コーナーに展示していることについては、すでにこのサイトでもお知らせしました。(記事はこちらです

 

本資料をみつけたのは全くの偶然でした。最初は誰が書いた手紙なのかもわかりませんでしたが、一目見た途端、美しく力強い筆跡に、心を奪われてしまいました。これまでいろいろな経済学者たちの筆跡に触れる機会がありましたが、偉大な歴史上の人物の筆跡にはやはり、ただならぬ雰囲気が漂っています。

紹介論文には、書簡の画像も掲載しました。この気品に満ちた迫力ある筆跡をぜひご鑑賞ください。(電子ジャーナルはこちらです

推薦図書 城一夫『フランスの配色』(2011)

私の研究テーマとは直接関係しませんが、滋賀大学附属図書館の「私の推薦するこの一冊」コーナーに、城一夫『フランスの配色』パイインターナショナル(2011)を推薦しました。推薦文はこちらです。フランスの洗練された美を味わってみたい方は、ぜひ手に取ってみてください。

貴重書展示 ギゾーの書簡(1833)

 滋賀大学附属図書館の貴重書コーナーの展示替えを行いました。2018年秋の展示は、フランソワ・ギゾーの自筆書簡(1833)です。(展示の様子はこちら

 

 

以下、私の解説文の抜粋です。

ギゾー(François Pierre Guillaume Guizot,1787-1874)は、19世紀前半に活躍したフランスの歴史家、政治家である。今回展示するのは、本学図書館が所蔵する、1833年8月13日付のギゾーの自筆書簡である。この書簡は、2018年2月に購入した古書、ギゾーの代表作『ヨーロッパ文明史:ローマ帝国の崩壊からフランス革命まで』の英訳版(1839)に偶然貼り付けられていた。ギゾーはフランスの七月王政期、1832年から1837年まで公共教育大臣として、数々の教育改革に携わった。この書簡が書かれた約二か月前、1833年6月23日には、有名な初等教育法案「ギゾー法」が成立している。この書簡にも公共教育省の便せんが使われ、肩書も「公共教育大臣」となっている。書簡の相手は、当時ヘブライ語学の第一人者であったエティエンヌ・カトルメール(Etienne Quatremère)で、その内容は、ヘブライ語の文法教育をめぐるものであり、極めて礼儀正しい文体で書かれている。

なおこの書簡の内容と日本語訳は、『滋賀大学経済学部研究年報』第25巻(2018年11月末刊行予定)に「資料紹介」として掲載される予定です。公刊されたら、このサイトでもお知らせします。
今回は、この書簡が書かれた1830年代に出版された、ノディエ著『歴史的パリ』(Paris historique : promenade dans les rues de Paris, par Charles Nodier, Auguste Regnier et Champin ; avec ; avec un rèsumè de l’histoire de Paris, par P.Christian[pseud.]
Paris:F.G.Levrault, 1838-1839)も同時に展示しています。パリの歴史を美しい挿絵入りで解説した本で、当時の街の雰囲気が味わえます。

貴重書展示コーナーの次回の展示替えは、2019年3月を予定しています。

貴重書展示 レオン・セー『フランスの財政』(1883)と自筆書簡

 滋賀大学附属図書館の貴重書展示コーナーの展示替えをしました。

 2017年秋の展示は、レオン・セー著『フランスの財政』( Say, Léon, Les finances de la France : une année de discussion du 15 décembre 1881 au 20 décembre 1882, Paris : Guillaumin, 1883 ) と、セーが本書を統計学者Alfred de Foville(1842-1913)に献呈する際に添えた自筆書簡です。

 この書簡を紹介する私の論文が7月に公刊されたことについては、すでにこのサイトでもお知らせしました。

以下が、貴重書展示コーナーでの私の解説文の抜粋です。

  レオン・セー(Léon Say, 1826-1896)は、フランスの自由主義経済学者、実業家、政治家であり、「セー法則」で有名な経済学者J.B.セー(Jean Baptiste Say,1767-1832) の孫にあたる。彼は、フランスの財務大臣を3回務め(1872年-73年、1875年-79年、1889年)、日本銀行の設立にも大いに影響を与えた人物として知られる。 
 滋賀大学附属図書館は、レオン・セーの著書『フランスの財政―1881年12月15日から1882年12月20日までの1年間の議論』(1883)を所蔵している。本書に添えられた書簡から判断して、これは、著者のレオン・セーが、同時代の著名な統計学者アルフレッド・ド・フォヴィーユ(Alfred de Foville, 1842-1913)に献呈したものであることが判明した。書簡の文章からは、レオン・セーがと16才年下の統計学者ド・フォヴィーユに対して、敬意と親近の情を抱いていたことが感じられる。

 

  展示の様子はこちらです。 今回は、レオン・セーが編纂した『新経済学辞典』第2版(Nouveau dictionnaire d’économie politique, publié sous la direction de M. Léon Say et de M. Joseph Chailley, 2e éd. Paris : Félix Alcan, 1900)も同時に展示しています。

 貴重書コーナーの次回の展示替えは、2018年3月を予定しています。

資料紹介 Léon SayからAlfred de Fovilleへの書簡(1883)

『彦根論叢』(滋賀大学経済学会)の最新号(2017年夏号 412号)に、私の資料紹介論文「滋賀大学図書館蔵 Léon Sayから Alfred de Foville への書簡(1883)」が掲載されました。(オンラインジャーナルはこちら

lettre de Leon Say a Foville_ページ_3

著者 Léon Say から de Foville に献呈された『フランスの財政』(1883)

Léon Say (1826-1896)は、フランスの有名な自由主義経済学者で、フランスの財務大臣を3回務めました。明治時代初頭、日本銀行の設立にも大いに影響を与えた人物として知られています。

Léon Say 著の『フランスの財政』(1883)を数年前に科研費で購入したところ、その本には Léon Sayの自筆書簡が添えられていました。しかしそれが誰宛てなのかがどうしても解読できませんでした。今年の1月に、リヨン第2大学のJean-Pierre Potier教授に会ったときにこの書簡のことを相談したところ、著名な統計学者 de Foville宛のものだということがわかったのです。そしてその書簡の内容から、この本は Léon Sayから de Fovilleに献呈したものであることが明らかになりました。つまりこの本は、de Foville の蔵書だったのです。このことをツイッターで発信したところ、de Fovilleの子孫であるパリ在住の若者からメッセージが届くという、興味深いハプニングもありました。

貴重書展示 コンドルセ『人間精神の進歩に関する歴史的展望の素描』(1795)

滋賀大学付属図書館の貴重図書コーナーの展示替えをしました。2017年春の展示は、コンドルセの遺作『人間精神の進歩に関する歴史的展望の素描』(Esquisse d’un Tableau Historique des Progrès de l’Esprit Humain. S.I., s.n., 1795)です。

 コンドルセが支援したとされる、ルーシェによるアダム・スミス『国富論』の仏語訳 (Recherches sur la nature et les causes de la richesse des nations, traduites de l’anglois de M. Smith, sur la quatrième édition, par M. Roucher. Paris: Chez Buisson, 1790-1791)も同時に展示しています。

以下は、私の解説文の抜粋です。

コンドルセ(Condorcet, Marie-Jean-Antoine Nicolas de Caritat, 1743-1794) は18世紀のフランスで活躍した啓蒙思想家である。その業績は多岐にわたり、数学者(特に確率論)、黒人奴隷の解放論の先駆者、チュルゴの経済改革の協力者、近代的な公教育制度の立案者などとしても知られる。
 今回展示するのは、コンドルセの遺稿となった『人間精神の進歩に関する歴史的展望の素描』である。コンドルセは、この中で、理性、科学、技術、社会、人間の無限進歩を確信しており、本書は、啓蒙思想の最後を代表する著作として、後世に影響を与えた。
  マルサスが『人口論』(1798)で、このコンドルセの進歩論に真っ向から反論する形で、議論を展開していることはよく知られている。

滋賀大学経済学部の2017年春学期の講義では、私の担当する「経済学史」でアダム・スミスとマルサスをとりあげます。受講する皆さんはぜひこの貴重書コーナーにも注目してください。

なお本展示に関する図書館のウエッブページはこちらです。次回の展示替えは9月を予定しています。

リヨンでのセミナーを終えて

2017年最初の研究活動です。1月13日、リヨンのトリアングル研究所で、Japanese Walrasian Economists on Walras’s Social Economics : Introduction to the Japanese Translation of Études d’économie sociale de Léon Walrasというテーマでセミナーを実施しました。(プログラムはこちら

セミナーでは主に、ワルラスを日本語に翻訳・紹介した3人の経済学者たちー手塚寿郎、早川三代治、久武雅夫と、日本を代表するワルラシアン経済学者ー森嶋通夫をとりあげ、彼らがワルラスの社会経済学およびワルラスの科学的社会主義・社会正義観をどうとらえていたかという話をしました。

当日は、このセミナーに私を招聘してくれたRebeca Gomez Betancourt氏をはじめとするリヨン第2大学教授の皆さんたちのほかに、同大学の名誉教授であり『ワルラス全集』の編者でもある Pierre Dockès 教授とJean-Pierre Potier教授、トリアングル研究所の元所長のGérard Klotz教授も、セミナーに参加してくれました。また今回は、研究者や博士課程の学生さんだけでなく、修士課程の学生さんたちも多く出席してくれたことが、とても印象的でした。

 

さてリヨンという町は、現在のフランスの首都パリよりもずっと古い歴史をもち、古代ローマ時代はガリア地方の首都でした。中世以降は、金融業や絹織物業で栄え、旧市街の美しい街並みはそのままユネスコの世界遺産に指定されています。この繁栄を支えた絹織物業にかかわる史跡が、職工たちが住んでいたクロワルッスの丘に主に残っています。

 

Cours des Voraces は、1830年代と1848年の2月革命のときに絹織物の職工たちが、賃金や労働条件を巡って闘った場所として有名です。

 

「ジャカード織機」で有名なジャカール(Joseph Marie Jacquard,1752-1834) の銅像です。彼の発明した機械の導入によって職を失うことを恐れた労働者たちが、最初、激しい抵抗運動を繰り広げたといわれていますが、結局は生産性の向上につながることから、広く採用されるようになりました。銅像には、「Bienfaiteur des ouvriers en soie 絹の労働者たちの恩人」という文言が刻まれています。

 

クロワルッスの丘には、「ジャン=バティスト・セー通り」があります。「セー法則」でおなじみの経済学者 J.B.セー(Jean-Baptiste Say, 1767-1832) はリヨンの絹織物商の家に生まれました。この通りからコルベール広場に入ると、眼下にリヨンの絶景が広がります。

今回の滞在期間中、フランスは大寒波に見舞われており、リヨンでも珍しく雪が積もったほどでした。また日本に比べて日も短く、あまり散歩をたのしめる気候ではなかったのが残念です。