For Students

書評 J.M. Keynes vs. F.H. Knight: Risk, Probability, and Uncertainty, by Y. Sakai, 2019

滋賀大学名誉教授の酒井泰弘先生が2019年にSpringer社から出版された単行本についての私の書評 (英文)が『彦根論叢』の2020年夏号に掲載されました。電子ジャーナルで閲覧可能です。

(Book review) Kayoko MISAKI “Yasuhiro Sakai, J.M. Keynes Versus F.H. Knight: Risk, Probability, and Uncertainty, Springer, 2019″ The Hikone Ronso (Shiga University) No. 424 ( Summer 2020) pp. 132-133.

本書は、ケインズとナイトが1921年にそれぞれ発表した不確実性に関する著作の比較考察を軸に、リスクと不確実性に関する思想史を300年以上さかのぼるとともに今後の可能性を示唆しています。経済理論や思想史専門以外の読者にも興味深く読める内容です。

 この本を読んで、経済学において不確実性をどう取り扱うかという問題は、結局、自然科学と経済学の違いにどう対峙するのかという問題に収束していくということを再認識させられました。本書で取り上げられているヒックスの歴史と統計学の関係についての考え方にも感銘を受けました。

貴重書展示 バスティアの自由放任主義

 滋賀大学附属図書館の貴重書展示コーナーの展示替えを行いました。2020年春の展示でとりあげるのは、19世紀の前半フランスで活躍した経済学者バスティア(Claude-Frédéric Bastiat, 1801–1850)です。

Frédéric Bastiat (1801-1850)

バスティアは、楽観的な社会的調和論と徹底的な自由貿易の主張により、現代では新自由主義の元祖のひとりとみなされています。アダム・スミスの経済学に影響をうけ、それをフランスに広めた経済学者としても有名です。しかしながらこのような極端な自由放任主義は、アダム・スミスの考え方とは、異なることにも注意をする必要があります。

  貴重書コーナーでは、本学図書館が所蔵する『バスティア全集』(全7巻、1854-1864)と、ルシェ訳『国富論』フランス語版初版(全4巻、1790)を展示します。

 『国富論』は、2011年、2015年、2017年にも展示しましたが、『バスティア全集』は今回が初めての展示です。本学で毎年春学期に開講している「経済学史」は、アダム・スミスの経済学から始めます。この講義を受講する人・受講した人は、ぜひこの展示に足を運んでみてください。

 展示の様子はこちらです。以下が、私の解説文の抜粋です。

 フランスの経済学者バスティア(Claude-Frédéric Bastiat, 1801–1850)は、極端な自由主義と自由貿易を主張したことで知られ、20世紀以降、新自由主義の元祖として言及されるようになった。またバスティアの著作は、明治維新後の日本において、いち早く翻訳され講義された経済学説としても重要である。
 バスティアは、1801年にフランスのバイヨンヌで生まれた。イギリスの穀物法論争に関心をもち、自由貿易運動に共鳴したバスティアは、1846年にボルドーとパリで自由貿易協会を設立し、1848年の2月革命時には、社会主義を批判した。1849年には、立法議会と憲法制定議会の議員に選出されたが、1850年、志半ばで死去した。
 バスティアは、自由放任こそが神の摂理として社会的調和をもたらすと考え、国家の役割に極めて批判的であり、保護主義を痛烈に批判した。主著は『経済的調和論(Harmonies Economiques)』(1850)である。バスティアは、アダム・スミスに影響を受け、その経済学をフランスに広めた一人でもあるが、その極端な自由放任主義は、スミスの考え方とはかなり異なっていることに注意しなければならない。

貴重書展示 18世紀 英仏の財政危機

 滋賀大学附属図書館の貴重書展示コーナーの展示替えを行いました。2019年秋の展示は、18世紀にイギリスとフランスで出版された財政赤字をめぐる文献です。 1.ゴードン著『1688年から1751年にわたるイギリスの国債と租税の歴史』(1751-53)、2.ミラボー著『租税の理論』(1760)、3.コクロー著『テレー総監の下における財務行政についての覚書』(1776)の三点を展示しています。

 特に、1のゴードンの著書には、税収等の詳細な統計データが添付されています。18世紀の統計資料がどのようなものだったか、興味のある方は是非ご覧になってください。

以下が私の説明文の抜粋です。

16世紀以来、重商主義政策によって繁栄したヨーロッパの絶対主義国家は、激しい植民地戦争により軍事支出が増大し、深刻な財政赤字に直面することになった。 18世紀の半ばにイギリスで出版された、歴史家ゴードンの著作『1688年から1751年にわたるイギリスの国債と租税の歴史』(1751-53)は、豊富な統計データに基づき、均衡財政の重要性を説く書物である。この本はアダム・スミスの蔵書に含まれ、資金調達のための長期国債の発行を厳しく批判する『国富論』の財政理論に影響を与えた可能性も指摘されている。 フランスの財政状態はイギリスよりもさらに深刻であった。ミラボー(Mirabeau, V. R.,le marquis de, 1715-1789)の『租税の理論』(1760)は、重農学派の最初の体系的書物であり、同学派の「土地単一税」の構想(当時の複雑な税制をすべて廃止し、土地のみに課税するという考え方)が示されている。 ルイ15世の統治下最後の財務総監をつとめたテレー(Terray, L’abbé Joseph Marie, 1715-1778)も、在任中の1769年から1774年より様々な租税改革を実施し、国庫収入の増加に貢献したが、根本的な解決にはならなかった。重農学派に影響を受けたチュルゴはテレーの後、財務総監に就任するが、1776年失脚。結局、フランスは財政の立て直しに失敗し、革命への道をたどる。

展示の様子は図書館のこちらのページをごらんください。

次回の展示替えは来年の3月を予定しています

貴重書展示 ロックとモンテスキュー

 滋賀大学附属図書館の貴重書展示コーナーの展示替えを行いました。2019年春の展示は、ジョン・ロック『著作集』(第6版 1759)と モンテスキュー『法の精神』(アメリカ版初版1802)です。二人の名は、新入生の皆さんにもおなじみでしょう。ぜひ足を運んで、貴重書の迫力を感じてみてください。

ロックの『著作集』は2014年春にも展示しましたが、モンテスキュー『法の精神』の展示は今回が初めてです。19世紀初頭にアメリカで公刊されたものですが、同時代に活躍した下院議員の蔵書だったことがわかりました。

以下、私の解説文の抜粋です。

フランスのボルドー出身のモンテスキュー(Charles-Louis de Secondat, Baron de La Brède et de Montesquieu, 1689-1755)は、1748年に匿名で『法の精神(L’Esprit des lois)』出版した。これは出版後、大反響をよび1750年までに22版を重ねたが、宗教界からは批判をうけ、1751年にはローマ教皇庁の禁書目録に入った。 現代の教科書では、『法の精神』は三権分立を説いた近代政治学の古典として紹介される。しかし本書の意義は、それだけにとどまらない。タイトルが示すように、本書の目的は「法則」・「法」について論じることである。観察を出発点とするモンテスキューの方法は、実証科学としての社会科学の誕生を意味しており、本書はそういう意味においても、近代の幕開けを告げる革命的な書物なのである。 本図書館は、1802年に公刊された『法の精神』のアメリカ版初版を所蔵している。これは、アメリカのサウス・カロライナ州選出の下院議員Eldred Simkins(1779-1831)が、在任中の1820年に購入したものと思われる。 今回は、モンテスキューと同様、近代政治哲学の礎を築いたジョン・ロック(John Locke,1632-1704)の『著作集』(第6版1759年)を同時に展示する。

 次回の展示替えは9月を予定しています。

 

新講義 History of Economic Ideas and Globalization

2018年10月より、滋賀大学経済学部で新科目 History of Economic Ideas and Globalizationを開講することになりました。英語による少人数講義です。現代のグローバル経済を理解するうえで重要な鍵となる経済学の概念がどのような歴史的背景のもと誕生したのか考察します。留学生の履修を想定して、日本の近代化の歴史についても触れます。以下が講義の計画です。

1.Introduction 序論
2.Invisible Hand 1 見えざる手1
3.Invisible Hand 2 見えざる手2
4.Laissez-Faire and Free Trade レッセ・フェールと自由貿易
5.Poverty 貧困
6.Industry インダストリィ
7.Comparative Advantage 比較優位
8.Utilitarianism 功利主義
9.Perfect Competition 完全競争
10.Entrepreneurship 企業者
11.Risk and Uncertainty リスクと不確実性
12.Economic Ideas and Japanese Modernization 日本の近代化と経済思想
13.Presentation レポート発表
14.Presentation レポート発表
15.Free discussion 自由討論

すでに経済学部では、日本語による専門科目「経済学史」「現代経済学史Ⅰ」「現代経済学史Ⅱ」を開講していますが、これら3科目が学者別、学派別にそれぞれの学説の意義を取り上げるのに対して、この英語講義は、概念別にその歴史的背景をとりあげ、歴史の予備知識があまりなくても容易に理解できるように配慮しています。ちなみにこの講義では、以下のような経済学者たちが登場します。

貴重書展示 近代統計の父ケトレ『人間論』『社会体制論』・プゥシェ『フランス統計論』

滋賀大学附属図書館の貴重書展示コーナーの展示替えを行いました。2018年春の展示は、統計学の古典3点です。

近代統計の父とされるケトレ(Quételet)の主著『人間論』の1869年増補版(Physique sociale, ou, Essai sur le développement des facultés de l’homme, 2 vols, Bruxelles : C. Muquardt, 1869)、同著『社会体制論』(Du système social et des lois qui le régissent, Paris : Guillaumin, 1848)、プウシェ(Peuchet)『フランス統計論』1801年初版( Essai d’une statistique générale de la France, Paris : Chez Testu, [1801])を展示しています。データサイエンス学部の新入生の皆さんに特に注目してほしい展示です。

以下、私の解説文の抜粋です。

 ケトレ(Lambert Adolphe Jacques Quetelet, 1796-1874)は、19世紀のベルギーで活躍した数学者、天文学者、統計学者、社会学者である。1835年に出版した主著『人間について(Sur l’homme et le développement de ses facultés, ou essai de physique sociale)』は、統計学と確率論を道徳科学に適用したことで後世に大きな影響を与えた。彼は、ベルギーとオランダの政府のために、犯罪や死亡などに関する統計を収集・分析し、国勢調査の改善を考案した。社会現象にも物理現象と同様に統計的法則性が存在するというケトレの考えによって、人間の自由意志はどのように位置づけうるのかという問題に関して、社会科学者たちの間で大論争が起こった。今回展示するのは、本図書館が所蔵するケトレの著作のうち『人間論』の増補版(1869)と、『社会体制論』(1848)である。この1869年の増補版は、『人間論』初版と、タイトルの語順が入れ替わっている。

 また革命後のフランスで、国勢調査の重要性を主張した、ジャック・プゥシェ(Jacques Peuchet, 1758-1830)の『フランス統計論』(初版1801年)も同時に展示する。この小論は同時に商業事典にも収録されたが、この冊子体そのものは印刷部数が限られ、当時の政府官僚にのみ行き渡った非常に珍しいものであるとされている。

プーシェ2
ジャック・プゥシェ『フランス統計論』(1801)

展示の様子はこちらです。次回の展示替えは、9月を予定しています。

貴重書展示 コンドルセ『人間精神の進歩に関する歴史的展望の素描』(1795)

滋賀大学付属図書館の貴重図書コーナーの展示替えをしました。2017年春の展示は、コンドルセの遺作『人間精神の進歩に関する歴史的展望の素描』(Esquisse d’un Tableau Historique des Progrès de l’Esprit Humain. S.I., s.n., 1795)です。

 コンドルセが支援したとされる、ルーシェによるアダム・スミス『国富論』の仏語訳 (Recherches sur la nature et les causes de la richesse des nations, traduites de l’anglois de M. Smith, sur la quatrième édition, par M. Roucher. Paris: Chez Buisson, 1790-1791)も同時に展示しています。

以下は、私の解説文の抜粋です。

コンドルセ(Condorcet, Marie-Jean-Antoine Nicolas de Caritat, 1743-1794) は18世紀のフランスで活躍した啓蒙思想家である。その業績は多岐にわたり、数学者 ( 特に確率論 )、黒人奴隷の解放論の先駆者、チュルゴの経済改革の協力者、近代的な公教育制度の立案者などとしても知られる。今回展示するのは、コンドルセの遺稿となった『人間精神の進歩に関する歴史的展望の素描』である。コンドルセは、この中で、理性、科学、技術、社会、人間の無限進歩を確信しており、本書は、啓蒙思想の最後を代表する著作として、後世に影響を与えた。 マルサスが『人口論』(1798)で、このコンドルセの進歩論に真っ向から反論する形で、議論を展開していることはよく知られている。

滋賀大学経済学部の2017年春学期の講義では、私の担当する「経済学史」でアダム・スミスとマルサスをとりあげます。受講する皆さんはぜひこの貴重書コーナーにも注目してください。

なお本展示に関する図書館のウエッブページはこちらです。次回の展示替えは9月を予定しています。

貴重書展示 マンデヴィル『蜂の寓話』仏語版初版(1740)

滋賀大学付属図書館では、年に2-3回、経済学の古典の展示をしています。展示図書の選定と解説は、私が担当しています。2016年秋の展示は、マンデヴィル『蜂の寓話』(仏語版初版1740)です。

%e8%9c%82%e3%81%ae%e5%af%93%e8%a9%b1%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e8%aa%9e%e7%89%88%e3%80%80%e8%a1%a8%e7%b4%99 マンデヴィルといえば「私悪は公益」という言葉があまりにも有名で、その主張は、アダム・スミスの「見えざる手」とともに、自由主義経済思想の起源として位置づけられています。マンデヴィルとスミスの考え方は似ていると考えている人たちもいますが、実際にはそれほど単純ではないようです。以下、私の解説文を抜粋します。

17世紀のオランダに生まれ、後にイギリスに移住した開業医マンデヴィル(Bernard de Mandeville, 1670-1733)は、1705年ロンドンで『蜂の寓話』を発表した。それは、最初匿名で出版されたが、瞬く間に人気を博し、多くの版を重ねた。本書の副題は、当初「悪漢化して正直ものとなる」であったが、1714年以降は「私悪は公益」となった。マンデヴィルは、個人のレベルでは悪徳とされるものが結果として社会的な利益に結びつくことを主張し、当時のイギリス社会を風刺したのであるが、これがセンセーションを引き起こし、一時は危険思想ともみなされた。本書は、18世紀のイギリスだけでなくヨーロッパの多くの思想家たちに影響を与え、フランスではモンテスキューやヴォルテールなどが刺激を受け、活発な論争が繰り広げられた。ぜいたくを追い求める人々の欲望が労働需要を生み出し、社会的な効用を生み出すというマンデヴィルの示したパラドックスは、利己的な個人の経済活動に基づく自由主義経済を、先駆的に表現したものとして現代では評価されている。利己心が意図せざる結果として公益に結びつくことを主張した、スミスの「見えざる手」への影響を強調する解釈もある。ただし、スミス自身は『道徳感情論』の中で、悪徳と徳の区別を問題にしないマンデヴィルの主張を「危険な傾向をもつ」ものとして批判している。

展示の詳しい様子は、滋賀大学図書館のお知らせページをご覧ください。本書は来年の3月まで展示予定です。滋賀大学図書館に来られる機会があれば、展示コーナーをぜひのぞいてみてください。

なお、この本の選定と解説にあたっては、米田昇平氏の『経済学の起源-フランス 欲望の思想』(2016)に大いに啓発されました。本書についての私の書評は『経済学史研究』(2017年1月号)に掲載される予定です。