Book Review

ESHET 2019 Lille大会で報告します

 5月23日から25日まで、フランスのリールで、ヨーロッパ経済思想史学会( The European Society for the History of Economic Thought )の年次大会が開かれます(学会のサイトはこちら)。私はこの大会で、イスナールとワルラスに関する論文 ”Numéraire, Workers, and the Tax system: Was Isnard a precursor of Walras?”を発表することになりました (論文サイトはこちら) 。

フランスの経済学者イスナールの著書『富論』 (1781) の中には、交換方程式や価値尺度財などが登場することから、イスナールはワルラス一般均衡理論の先駆者のひとりとであると考えられてきました。実際、ワルラスはジェヴォンズと共に数理経済学の先駆者リストを作成したときに、『富論』を加えています。しかしながら、ワルラスが実際に自らの著作の中でイスナールに言及することはなく、どのような影響を受けたのかは謎のままです。 2006年に Van den Berg は、イスナールについての体系的研究書、At the origins of Mathematical Economics: The Economics of A.N. Isnard (1748-1803)を公刊し、イスナールの方程式の意図がフィジオクラートの土地単一税批判にあったことを明確に示しました (この本についての私の書評はこちら) 。 私は、この解釈に刺激をうけて、ワルラスがフィジオクラートの土地単一税を自らの土地国有化論と関連付けて、高く評価していたことに注目するようになりました。ワルラスとイスナールは、一般均衡理論のツールを共有しながら、なぜ経済政策については正反対の結論に至ったのか、それを明らかにするのが私の論文の目的です。

 実はこの論文の最初のバージョンは、2009年にローザンヌ大学のセミナーで報告しましたが、英語論文として完成するには至らず、そのままになっていました。しかし2016年に公刊された Handbook on the History of Economic Analysis Volume III by Gilbert Faccarello, and Heinz D. Kurz の「一般均衡理論」のセクションで、私のローザンヌでの報告が引用されているのを知り、 論文を完成させ発表をする決意をしました。

先週、論文を学会のサイトにアップロードすると早速、関連分野の研究者たちからコンタクトがありました。学会では有益な議論ができることを期待しています。2年ぶりにフランスを訪れるのもとても楽しみです。

書評 M.H.Turk, The Idea of History in Constructing Economics, 2016

2016年に出版されたMichael.H.Turk氏の著書についての私の書評(英文)が、経済学史学会のジャーナル『経済学史研究』の2017年7月号に掲載されました。

Kayoko MISAKI, Book Review, Michael H.Turk, The Idea of History in Constructing Economics, Routledge, 2016, The History of Economic Thought, 59-1, July 2017, pp.107-108.

この本は、18世紀のケネーから21世紀のピケティまでを対象に、経済学はどのようにして「科学」としての性格を与えられてきたのか、そして経済学と「歴史」との懸け橋は可能かという、経済学史における根源的な二つの大問題に同時に取り組んだ意欲作です。経済学が「科学」としての性格を色濃く帯びるようになるきっかけとなったのは、限界革命とワルラス一般均衡理論の登場であることは周知の事実ですが、ワルラスが同時代の数学者たちの考え方を正しく理解しなかったことがその後の新古典派の方法論を決定づけたという刺激的な解釈が出発点となっています。またマックス・ウェーバーと新古典派経済学との関係についての議論も、経済学はいかにして歴史学的な視点をもった学問として再構築されるうるのか、その可能性を考える上で多くの示唆に富んでおり、たいへん興味深く読みました。

書評 米田昇平『経済学の起源 フランス 欲望の経済思想』

米田昇平氏の最新の著作『経済学の起源 フランス欲望の経済思想』(2016)についての私の書評が、『経済学史研究』58巻2号(2017年1月25日号)に掲載されました(92-94頁)。(書評の本文はこちらです)

現代経済学の知られざる起源を扱ったこの著作は、イギリスでスミスの『国富論』が公刊されるずっと前、フランスにおいて、人間の本性と欲望について、また利己心をもった人間が織りなす社会秩序について、非常に活発で意義深い論争が繰り広げられていたことを示しています。経済学史や社会思想史に興味がある方のみならず、現代経済学を専門とする方々にも、おすすめします。