「はるかなる手紙」展(第一期 コルソン)解説パンフレット

滋賀大学彦根キャンパスで、2020年1月に始まった企画展「はるかなる手紙―滋賀大学所蔵フランス貴重自筆書簡」(御崎加代子監修)は、コロナの影響で、4月末より休止しています。完了した第1期(2020年1月~4月)の「クレマン・コルソン」の展示については、会場で配布していた解説パンフレットがウエッブで閲覧できます(リンクはこちらです)。興味のある方は、ぜひご覧ください。

第2期「レオン・セー」の展示の準備は整っていますが、いつから開始するかは未定です。コロナが一日も早く収束し、展示とギャラリートークが再開できる日を心待ちにしています。

(「はるかなる手紙展」開催案内ウエッブページのリンクはこちらです