貴重書展示 ロックとモンテスキュー

 滋賀大学附属図書館の貴重書展示コーナーの展示替えを行いました。2019年春の展示は、ジョン・ロック『著作集』(第6版 1759)と モンテスキュー『法の精神』(アメリカ版初版1802)です。二人の名は、新入生の皆さんにもおなじみでしょう。ぜひ足を運んで、貴重書の迫力を感じてみてください。

ロックの『著作集』は2014年春にも展示しましたが、モンテスキュー『法の精神』の展示は今回が初めてです。19世紀初頭にアメリカで公刊されたものですが、同時代に活躍した下院議員の蔵書だったことがわかりました。

以下、私の解説文の抜粋です。

フランスのボルドー出身のモンテスキュー(Charles-Louis de Secondat, Baron de La Brède et de Montesquieu, 1689-1755)は、1748年に匿名で『法の精神(L’Esprit des lois)』出版した。これは出版後、大反響をよび1750年までに22版を重ねたが、宗教界からは批判をうけ、1751年にはローマ教皇庁の禁書目録に入った。 現代の教科書では、『法の精神』は三権分立を説いた近代政治学の古典として紹介される。しかし本書の意義は、それだけにとどまらない。タイトルが示すように、本書の目的は「法則」・「法」について論じることである。観察を出発点とするモンテスキューの方法は、実証科学としての社会科学の誕生を意味しており、本書はそういう意味においても、近代の幕開けを告げる革命的な書物なのである。 本図書館は、1802年に公刊された『法の精神』のアメリカ版初版を所蔵している。これは、アメリカのサウス・カロライナ州選出の下院議員Eldred Simkins(1779-1831)が、在任中の1820年に購入したものと思われる。 今回は、モンテスキューと同様、近代政治哲学の礎を築いたジョン・ロック(John Locke,1632-1704)の『著作集』(第6版1759年)を同時に展示する。

 次回の展示替えは9月を予定しています。

 

2件のコメント

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中