2014-17 科研費「ワルラス企業者論の解明」報告書

2014年4月1日から 2017年3月31日まで、科研費基盤研究(C)の交付を受けて、「ワルラス企業者論の解明-純粋・社会・応用経済学の観点から」という研究プロジェクトを実施しました。その実施報告書は昨年5月頃に提出しましたが、このたび、科学研究費助成事業データベースで閲覧可能となりました。

この研究プロジェクトの課題は、ワルラスの企業者論の全貌を明らかにすることでした。
ワルラスの純粋経済学(一般均衡理論)においては、均衡状態に企業者が受け取るべき利潤がゼロとなることはよく知られていますが、純粋経済学だけでなく、これまでほとんど研究がすすんでいない社会経済学と応用経済学にも注目することによって、ワルラスにおける企業者の現実的意味とそこにこめられた真の意図を明らかにすることがこのプロジェクトの目的でした。

研究成果については、原稿は提出したものの、公刊に至っていないものもあります。公刊され次第、このサイトでもお知らせします。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s